farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

タイ旅行バンコク 旅行の最終日です。首長族に会うだけから象ライドコースにも

f:id:andantesunny:20190116220747j:plain


                 

首長族の美しい女性達と象ライドコース。

 

水上マーケットを出発して次はお楽しみの首長族の皆さんに会いに。

 

前回にもお話したように観光バスは「象ライドコース」+「首長族」の

乗合となっています。

 

離れた場所にあるのかと思っていたのですが、道を挟んで左右にあります。

 

駐車場は「象ライド」の方にあるのでそちらで全員下車し、そこから

ゴルフのカートのような車で「首長族」まで連れてもらいます。

 

両方のコースはこのカートで行き来できるようになっています。

 

f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 

f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

皆さんと一緒にバスを降りて付いて行って、集合時間と場所を教えてもらいます。

 

象ライドコースの入り口で私たちが発見したのは・・・

 

トラに触って写真が撮れるという物です。

 

アユタヤの象ライドの時にお話ししましたが、友人の一人が大の動物好きです。

 

 

今回のタイ旅行に絶対「トラを触れる所がある。そこに行きたい!」と

言っていたのですが、場所が離れていてもう1日無いと無理。

ほかの何かを削らないといけないと言う事を知り、私が行きたかった

「ピンクのガネーシャ」を優先してくれたので、トラは諦めました。

 

そんな事があったので「何~!ここでトラが触れるの!」と大騒ぎです。

 

ガイドさんにお願いして、「首長族コース」が終わればこちらに入りたい

と話しました。

 

ガイドさんも係りの方に連絡して言ってくださいました。

 

まずは本来の目的「首長族の村へ」

 

f:id:andantesunny:20190117135603j:plain



 

とても美しい方ばかりで、顔は小さく首には金色の長い首輪をされています。

 

首長族の方は「カレン族」という山岳民族の皆さんです。

 

一緒に記念写真も撮ってもらえます。

 

私はここでストールを一枚購入しました。自分の記念用にしようと思いましたが

刺繍がきれいだったので母に使ってもらおうかと思います。

 

他にもバックや木彫りの人形もありましたが、姪っ子には木彫りの人形は

要らないからね(*^-^*)と釘を刺されていたので、買いませんでした。

 

f:id:andantesunny:20190116220708j:plain

 

織物を織ってらっしゃる方もいらっしゃいました。

皆さん本当に綺麗で可愛い方ばかりです。

 

訪問者は私たち3人だけでとても静かでした(^_-)

 

一通り笑顔を交わしながら見せて頂いた後、入り口に戻りカートで

象ライドコース入り口に連れてもらいました。

 

象には乗らないので友人お目当ての「トラと写真を撮る」です・・・

 

私たちはこのコースでタイ旅行が最後の観光の為、バーツを残さない

様に使ってきました。

 

水上マーケットのお買い物で少し足りないかも?と一度両替をしたので

皆少しずつは持っていました。

 

ただ動物大好きの彼女は残金が殆どなし・・・

「お金無いし無理や~諦めようかな~・・・」と(*^-^*)

 

「解ってるやん。折角やし後で返してね~」と3人の所持金を合わせて

写真を撮りました。

 

そうそう。写真を撮って触ったのは彼女だけです(^-^;

所持金合わせても3人分は無いのと、そんな怖いの私は結構です・・・と

お断りしました。(*^-^*)

 

f:id:andantesunny:20190117134853j:plain

 

トラの横に座って彼女は上機嫌です。

これでもまだ子供らしいです。

 

どんどん写真を撮って~ともう煩くて仕方がありませんでした。

 

彼女の横でじゃれているトラを見ていると「やっぱり猫といっしょなんや~」と

思いました。

 

思いがけず希望がかなったので本当に良かったです。

 

待っている間に、またまた象さんにバナナを上げました。

 

残金が無い友人が「バナナ買って~」と子供のように言ってきます。

「一籠だけやで!」と釘を刺して買いました。(*^-^*)

 

楽しい時間でした。

 

バスに乗って最後の観光コースにお別れです。

集合場所のホテルで解散です。