farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

赤い色の可愛い大根2品種収穫です。紅三太と紅岬大根

 

赤い色の可愛い大根「紅三太」と「紅岬」。

 

菜園で栽培している大根です。

 

f:id:andantesunny:20200406163908j:plain

 

この時期の大根栽培はトウダチとの戦いです。

 

なるべくトウダチの遅い品種を選んで、なおかつ栽培適期の物

を選択したのですが、やっぱりトウダチ始めています。

 

本来はもう少し大きく肥らしてから収穫したかったのですが、

味が落ちると困るので少し若いですが収穫です。

 

 

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

先に収穫が始まった紅三太です。

 

f:id:andantesunny:20200406163711j:plain

 

もう少し「ぽてっと」した大きさになる予定だったのですが、

早めに収穫した方がみずみずしさを楽しめるので、収穫です。

 

f:id:andantesunny:20200406164108j:plain

 

皮は鮮やかな赤色ですが中身は真っ白です。

薄くスライスしてサラダとして生で食べても美味しいです。

 

 

紅岬大根

 

種のパッケージでは上が赤くて下が白いコントラストのある

大根が出来る予定でした。

 

 ミニ大根です。

 

今回収穫出来た「紅岬大根」は薄らと全体にピンク色でした。

 

f:id:andantesunny:20200406164443j:plain

 

「紅岬」は種のパッケージの様な色になるか全体に薄いピンク色に

なるとも記載されていたので、これはこれで可愛いかな?と思っています。

 

本当ははっきりしたコントラストの有る大根を期待していました。

 

こちらも「トウダチ」はかなり頑張っていたのですが、そろそろ花芽が

見えて来たので大きく成った物を順次収穫しました。

 

あと少し気持ち大きくしたかったのですが・・・

 

 

大根栽培は結構悩みが多いです。

 

「トウダチ」する期間以外は虫との戦いが有ります。

大根は葉まで美味しくて栄養もあるので綺麗に作りたいのですが、

虫は容赦なく穴を空けてしまいます。

 

虫のいない冬場の栽培はこの「トウダチ」が難問となります。

 

それでも、この時期野菜が少なくなる端境期に沢山野菜をお届け

したいので、ちょっと品種の検討を再度するつもりです。

 

「紅三太」や「紅岬」も比較的、抽苔(トウダチ)の遅いと言われ

ている品種です。

 

それでも「トウダチ」させてしまうのには、栽培地の気候が合っていない

か、主に技術不足だと思います。

 

何か良い方法が無いが、主人が色々考えているようです。

対応策はいつに成ることやら・・・(^^;)