farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡

純白のカリフラワー収穫!と言いたい所ですが

一部収穫のカリフラワーの状況です。 

 

茹でたてをマヨネーズかディップソースで。

ほんのり甘くて一株なんてあっと良い間に無くなってしまいます。

 

カリフラワーが大好きで、春と秋に収穫出来るよう、何時も菜園で栽培

しています。

 

純白のカリフラワーが基本だったのですが、3年前から

*スノークラウン(純白)

*オレンジブーケ(オレンジ)

*バイオレットクイーン(紫)

*森盛(緑)

*シチリアンレッド(赤紫)

*スパイラル(幾何学模様)

を栽培しています。

 

主に色を基本に品種を選んで栽培しているので、品種名はその年

によって変わることがあります。

 

秋収穫は上記のカリフラワーを栽培するのですが、春収穫については

苗づくりに温度管理が居るので、白いカリフラワーだけになります。

 

     今回収穫したカリフラワー

         f:id:andantesunny:20180517191155j:plain

 

 

カリフラワーは花蕾ができはじめると、日光を当てないように葉っぱで

包んでおきます。

 

葉っぱで巾着の様に隠して回りを紐で止めています。

 

小さい時に包むので、菜園で様子を見るとき隙間からのぞき込んでいます。

 

何かちょっとワクワクします。

 

今回収穫の時も、葉っぱの間からのぞき込んで

「大きくなった!もう収穫しても大丈夫!」と言って収穫しました(*^_^*)

 

菜園のカリフラワー

f:id:andantesunny:20180517191555j:plain

              f:id:andantesunny:20180517191641j:plain

 

上の方の写真のカリフラワー何だかちょっと中側がピンク?

紫?になっています。

 

「あれ?こんな色つきの品種あったかな?」

「上手く葉っぱに包めなかったのかな?」

「アントシアニンかな?やっぱりお日様?」

 

この色の変色はアントシアンなので食べるのには問題はありません。

 

お日様にあったたからでは無く、冷気が原因らしいです。

 

お野菜によってアントシアニンがでる原因が違うのが不思議です。

 

まだもう少し菜園にカリフラワーがあります。

 

実は今年は春に収納ケースでカリフラワーの種を蒔き苗作りを

試して見ました。

発芽はしたので、菜園に植えています。

 

紫のカリフラワーとロマネスコなんですが、今もまだヒョロヒョロで

このまま梅雨や高温時期に入るので、花蕾が出来る気がしません(T_T)

 

     4月植え付け時の紫カリフラワーとロマネスコ

      f:id:andantesunny:20180517194433j:plain

 

もしこれで出来るなら、来年は春も苗作りから挑戦したいと思っています。

他の色も栽培可能な品種を探しています。

 

秋に収穫する色とりどりのカリフラワーです。

茹でるだけでとても華やかな温サラダになります。

 

    秋収穫のカラフルカリフラワー

         f:id:andantesunny:20180517193751j:plain

 

茹でただけです。(^^;)

 

カリフラワーの種蒔きは7月頃からとなります。

7月からもう少しすれば園芸店で苗が沢山でると思います。

最近は色とりどりの苗も売っています。

去年は初めてホームセンターの園芸部門で「ロマネスコ」の苗を見かけました。

でも「ロマネコ」とか「スパイラル」と記載されず、「三角カリフラワー」と

書かれていました。

 

どうぞお試しあれ(*^_^*)