farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡

カラフル野菜シリーズ  スイスチャード

 

去年から「スイスチャード」の栽培を始めました。

栽培方法、収穫の方法検討中です。

 

 

去年は外葉から大きく成った物を掻き取り収穫、利用していました。

何度も収穫出来てとても便利です。

 

去年の冬場、葉物野菜が驚くほど高価でなかなかお鍋が出来ません

でした。

 

白菜をもっと作っておけば良かったと反省した所です。(^^;)

 

そこでたまたま知人のお婆ちゃんがこのお洒落な「スイスチャード」

を何のためらいも疑いも無く、「お鍋にいれたよ~美味しかったよ~」

と言われ、お鍋でも試して見ました。

 

www.farmandante.com

 

結構美味しです。(*^_^*)

 

お婆ちゃんの発想恐るべしです。

 

「スイスチャード」は何度も出来るのでお得なんですが、それでも

何度も再生させると、やっぱり株が疲れてきて、葉っぱかチリチリで

固くなります。

 

この春、種を蒔いてみよう!と短い畝に種蒔きをしました。

 

5つ穴のマルチの中央3列の短めの畝です。

 

発芽率や成長の状況を知りたかったのですが、発芽率はとても良かったです。

 

穴に5粒くらい蒔いて、小さいのは先日ベビーとして収穫、サラダの

彩りに使用しました。

 

www.farmandante.com

 

今回試しに穴に3株残して、株毎若めに収穫しようと考えています。

 

        スイスチャード

           f:id:andantesunny:20180518163409j:plain

 

 

夏場は収穫後の葉物が痛むのが早いので、根っこぎりぎりの束の

部分から収穫して少しでも日持ちを良くしたいと考えています。

 

発芽率も良いのと年間通して栽培できるので、少しずつずらして

栽培すると、長い期間葉物野菜として利用出来そうです。

 

茹でると色が流れ出てしまいます。この色にはカロテンを多く含んで

いますので、茹でる場合はサッと短時間にして下さい。

 

せっかくの色合いです。カラフルさを活かしたレシピで使用して下さい。

 

若い葉は柔らかいので生でも食べられます。

これから暑くなってきたら、「冷しゃぶ」の下にし敷いて食べるのも

彩りが綺麗で楽しい食卓になります。

 

色合いを楽しむなら浅漬けや、ナムルもお勧めです。

 

我が家は若いスイスチャードをサッと茹でてナムルにします。

簡単でカラフルで美味しい一品になります。

 

簡単で華やかに見えるおかず大好きな私に便利な野菜です。

 

最近スーパーで見かける事も有りますが、まだまだ少ないので

種から簡単に出来るので、一度おためし下さい。

 

プランターで栽培した事は無いのですが、プランターでの栽培も

比較的簡単だと思います。

 

虫は余り付かないのですが、菜園の「スイスチャート」もネットを

していても、虫食いの跡があったりします。

 

油断せずにチェックして下さいね(*^_^*)

 

ミックスの種を蒔いたときは、間引き時に注意して欲しい事が

あります。

 

3から4cmになると、茎の色もわかりやすくなります。

色合いを考えながら間引きして下さい。

 

色の偏りが出ないように注意すると収穫後のカラフルさが

楽しめます。