farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

猛暑を活用、土の消毒

         f:id:andantesunny:20180726131937j:plain

 

畝の土を熱消毒しました。

 

f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

連日の猛暑で菜園の野菜達も水不足でなんだかグッタリしたり、

枯れだしたりしてきています。

 

7月上旬には青々していた「えん麦」も雑草とともに枯れ始めています。

 

写真は7月上旬のえん麦です。

           f:id:andantesunny:20180726202649j:plain

 

菜園の野菜達に水やりをしながら、人間も水分補給しっぱなしです。

 

収穫するだけでも、グッタリです。

 

菜園の野菜達も元気がないので葉っぱが枯れたり、しんなりしていたりと

心配だらけです。

 

これからが一番太陽の日差しを受けておいしくなる夏野菜。

 

週に数回の水やりでは本当に追いつきませんがどうしようもありません。

 

本来は菜園で水やりをするのは、種を撒いた後発芽するまでや、苗を定植

した時ぐらいで、普段の雨や夕立で十分間に合います。

 

少しは水やり程度の雨が降れば助かるのですが、降りすぎるのも困ります。

本当に勝手なもんです。

 

グッタリしている間に主人が

「せっかくやし、この日差しを利用しない手は無い!」と汗だくで

えん麦を草刈り機で刈り、何やら消毒するためにニームや何か自然素材の物

も一緒に入れて漉き込んで耕しビニールをはりました。

 

太陽の熱で土を消毒して雑草の種や害虫を退治するらしいです。

 

凄い高温になるとの事でした。

 

8月に入ると秋野菜の苗を作るために種を撒き自宅で苗作りを始める

予定です。

 

それまでに、土を少しでも丈夫に状態の良いようにしたいらしいです。

 

えん麦と高温での消毒で害虫が少し減って効果があれば嬉しいです。

 

 

そんな高温続きを心配している矢先、今週末台風の進路が変わり

京都も直撃しそうです。

 

トマトの棚やコリンキーの棚、麦もまだ干したままで何も出来ていません。

 

被害がなければいいのですが、ちょっと心配です。

 

前回の豪雨で被害のあった地域も進路に含まれています。

 

どうぞ皆様にも被害が出ませんように願っています。