farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

北海道から十勝産小豆と農業の先輩が京都に帰っています。

◇珍しい野菜作り(作業)◇

 

 

北海道から農業の先輩の弟が帰っています。

 

北海道の帯広は冬場雪が降ると出来る事が少なくなるため、

冬場に京都に帰ってきている、弟がいます。

 

農業については先輩で色々と新しい事を教えてくれます。

 

でも流石北海道!一人で大きな面積を農機具を使いながら作業しています。

 

それでも一人なので大変そうです・・・

 

今年はお願いしていた「小豆」と「大豆」を収穫して持って帰って

来ました。

 

f:id:andantesunny:20200124082235j:plain

 

「大豆」は我が家には来ていませんが、「小豆」がドン!と取り敢えず

一袋到着です(*^_^*)

 

 

 

f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

大きな袋です。

「あーここ置いて~。こっちに動かすし~」と言っていると

 

弟が

「絶対無理やと思うよ~」と中まで運んでくれました。

 

そうなんです!もうビックリです。

一袋35kg位有るそうです・・・

 

豆類って重たいのですね~。

 

でその中はまだ仕分けが出来てないので順番に仕分けを手作業です・・・

 

「滅茶苦茶時間がかかります」

 

f:id:andantesunny:20200124083117j:plain

 

色の悪い物や傷が有る物を取り除きます。

 

 

さて、この作業は姉の出番です!

 

「きゃべつ姫」のおばあちゃんです(*^_^*)

 

ここで発見!姉の作業の早さと的確さにまたまた驚きました。

 

余りの早さに

「ちゃんと出来てる~。適当にしてない?~」と

 

時々傷物を見つけて

「ほら~」と言って二人で作業していました。

 

そのうち姉の作業量の早さに追いつかず、私は

「あ・・・眠くなってきた~」とか「目がチカチカする~」とか

言い出して。

 

ポイッと綺麗な小豆と捨てる小豆との入れ場所を間違ったりしていました。

 

間違って入れてしまった犯人は私の可能生が大です・・・(^^;)

 

 

この後まだ何度か仕分け作業をして、販売しようと思っています。

 

何でも手作業の「Farm Andante」です・・・

早く機械化出来る物が増えるとちょっとは楽になるのにな~

 

 

 

この十勝産「小豆」は仕分けがおわったら「メルカリ」で販売しようと

思っています。

 

ちゃんと出来たらまたお知らせしたいと思います。

その時はどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

 

 

 

土井善晴の素材のレシピ

土井善晴の素材のレシピ

  • 作者:土井善晴
  • 出版社/メーカー: テレビ朝日
  • 発売日: 2019/04/05
  • メディア: 単行本