farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

The Gigantic radishです。Turnipでは有りません。中は「す」になっていました。

 

The Gigantic radishです。(*^_^*)

 

昨日から菜園の片付け報告となっているのですが、今回も菜園に

少しのこっていた「ラディッシュ」のお話です。

 

引っこ抜くのに「お爺さんも、お婆さんも、孫も、犬、ネコ、ネズミも」

要りませんでした。(^_-)

 

f:id:andantesunny:20200319161642j:plain

 

ちゃんと食べられる時に収穫、納品はしたのですがその時にまだ

小さかった物はそのままにしていました。

 

「ラディッシュ」の畝はその後そのままビニールトンネルを残したまま

別の苗を植える予定でしたが、何時もの事なのですが悪天候と

他の作業を優先したので、そのままでした。

 

要するに・・・ほったらかしていたのです(>_<)

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

そして次の準備や予定の為にその畝の様子を見て、準備を考える

為に片付けました。

 

で・・・残っていた「ラディッシュ」ですが何時もの品種なら

蕪のお尻が割れてしまっているはずです。

 

「あれ?これ「ラディッシュ」よね?」と思った位割れずに

大きく成っています。

 

今回は外国品種の「ラディッシュ」の種を蒔いたのを思い出しました・・・

 

f:id:andantesunny:20200319161721j:plain

 

普通のサイズの園芸用のハサミです。

 

これはもう可愛い「ラディッシュ」ではなく、小カブのような

大きさです。

 

「あれ?もしかして大きく成って蕪のようで、得したかも!」

と少し思いながら一応、持って帰りました。

 

f:id:andantesunny:20200319161955j:plain

 

家でカットしてみると

 

やっぱり、ちゃんと「す」が入っていました・・・

当たり前です・・・

 

この大きさまで放っておくのはもっての外なのです。

なのに、自分の行動を棚に上げて「得したかも~」なんて

本当に反省です。

 

次はちゃんと適期に連れて帰ります。

 

「ラディッシュ」は簡単に栽培できるのですが、品種によって

適期に収穫しないと、蕪のお尻が直ぐに割れてしまいます。

 

今回は収穫タイミングに問題があったのですが、この品種はもしかして

収穫タイミングは他の「ラディッシュ」より幅が有るかもしれません。

 

 

皆さんはちゃんと管理されると思いますが、忙しくて数日

収穫がずれそう~と言う可能性がある方は、この品種お勧めかも

知れません。(^_-)

 

「ラディッシュ」は綺麗に洗って、マヨネーズやディップソースで

生で食べるのが大好きです。

ちょっぴりの辛味があるので、お子様は苦手かも知れません。

 

実家の母は何度言っても初めは「あ~蕪の間引き菜ね~」と言います。

 

「解った解った」と言いながら、翌日行くと良くお漬け物に変身

しています。(^^;)

 

それはそれで美味しいですけど・・・