farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

珍しい野菜作り 甘くて美味しいベビーコーン(ヤングコーン)栽培

 

ベビーコーン(ヤングコーン)収穫しました。

 

トウモロコシの若採りのベビーコーン。

ヤングコーンとも言います。

 

今年の夏はホワイトトウモロコシを栽培しましたが、虫に沢山食害

されてしまいました。

 

そこで試しにベビーコーンの収穫だけを目的に栽培をしてみました。

 

f:id:andantesunny:20190903210445j:plain

 

 

 

 

f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

  

ベビーコーンはトウモロコシを受粉する前に収穫します。

 

  

ベビーコーン(ヤングコーン)栽培の利点

 

 

ベビーコーン栽培理由

ベビーコーン(ヤングコーン)の間に収穫すると、虫の被害が殆ど無く

収穫できます。

 

生のベビーコーンはとても軟らかく甘味もあり美味しいのです。

一度食べると結構やみつきになってしまいます(^_-)

 

f:id:andantesunny:20190903214408j:plain

 

トウモロコシの害虫

トウモロコシには「アワノメイガ」という宿敵がいます。

この虫はトウモロコシの雄花の香りに惹かれ、葉の裏に卵を産み付け

雄花から茎を通って、トウモロコシを食害します。

 

毎年、薬を使わずに一つづつ点検してピンセットで取り除いている

のですが、完全に除去する事は出来ず、沢山食害されてしまいます・・・

 

アワノメイガ対策

雄花カット方法

アワノメイガは雄花の香りに誘われて飛来するので、先ずは雄花が

出ると、そのうちの数本を受粉用に残して早めにカットしてしまいます。

 

トウモロコシは10本に1本くらいの雄花で受粉するとも言われています。

 

確かに去年は黄色いトウモロコシと白いトウモロコシを数十メートル

話して栽培したのですが、風のって数受粉した数本がマーブルになって

今した。

 

www.farmandante.com

 

結構大胆にカットしても大丈夫だとは思いますが、毎年躊躇して多めに

カット出来ないので「アワノメイガ」に負けてしまっています・・・

 

 

促成栽培方法

他の方法としては「アワノメイガ」が活躍して実の中に入る前に

収穫出来る用、時期を早めて栽培する方法です。

 

春先まだ発芽の温度が足りない時期ですが、種蒔きをしてビニールトンネル

で温度を上げ発芽させ栽培する方法です。

 

今年はこの方法に失敗して発芽しなかったので、「アワノメイガ」が

大活躍のタイミングに実が付く事になり、沢山食害されました。

 

www.farmandante.com

 

頑張ってピンセットで取り除いたのですが・・・悔しいです(>_<)

 

ベビーコーン栽培は雄花の必要が無し

トウモロコシ栽培の一番の被害は「アワノメイガ」と動物の食害です。

 

動物の食害はトウモロコシに限らず有りますが、ネットで防げない時は

もうどうしようもありません・・・

 

しかしベビーコーンの場合はまだ実が未熟なので動物に食害される

恐れは有りません。

 

そして受粉の必要が無いので、私でも何の躊躇も無しに雄花が見えたら

ことごとくカットする事が出来ます。

 

悩むことも無いのでとてもスッキリします(*^_^*)

 

 

毎年、トウモロコシの栽培はしようと思っていますがベビーコーン

(ヤングコーン)を目的に栽培する事も平行して行おうを思います。

 

 

今回は雄花を早めにカットしたつもりですが、既に「アワノメイガ」に

食害されている株が数本あります。

 

「アワノメイガ」の察知する能力本当に凄いと関心しました。

 

皮付きのベビーコーン(ヤングコーン)はとても甘くて美味しいです。

 

茹でてサラダにするとマヨネーズもドレッシングつけなくても大丈夫

なくらいです。

 

来年はもっと沢山栽培したいと今から思っています。

 

 

オレンジページ2019年7/17号

オレンジページ2019年7/17号