farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

珍しい野菜栽培 枝豆の溝底播種・穴底植え栽培を試します。

◇珍しい野菜作り(栽培)◇

 

 

枝豆の溝底播種・穴底植え栽培。

 

冬場に播種出来る品種の枝豆を栽培してみようと思います。

 

それと同時に「溝底播種(みぞそこはしゅ)」「穴底植え」と

言われる栽培方法を試してみる事にしました。

 

4月か5月に皆大好き枝豆が食べられたら嬉しいですよね~。

 

f:id:andantesunny:20200216124032j:plain

 

今回はこの2品種「初だるま」と「京の輝き」です。

 

 

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

先ずは2月播種できる「初だるま」を播種してみました。

 

f:id:andantesunny:20200216124230j:plain

 

 

説明を見ると「初だるま」は2月にビニールトンネルで直播き播種出来る

品種のようです。

 

基本この時期はビニールトンネルで栽培をしているのですが、それ以外に

「溝底播種」といってマルチより下の部分に播種をして地温を生かして

発芽や成長を促す方法があるので試して見ようと思います。

 

この方法が上手く行くので有れば去年失敗した「トウモロコシ」の抑制栽培

にも応用できるかも知れません。

 

溝底播種 

先ずはマルチの穴を深めに掘ります。

 

f:id:andantesunny:20200216124805j:plain

 

かなり深く掘った穴に枝豆の種を播種しました。

 

マルチより5cm以上下です。

この穴に手を入れてみるとほんのり暖かい気がします。

 

f:id:andantesunny:20200216124943j:plain

 

かなりマルチより下です。

 

 

そして土を植えに被せて水やりをします。

 

f:id:andantesunny:20200216125052j:plain

 

土を掛けてもマルチより数㎝の窪みが有ります。

 

 

そこに不織布でベタ掛けをします。

 

f:id:andantesunny:20200216125210j:plain

 

不織布をちゃんと止めて全体にきっちりかけると、不織布と播種した穴との

間に空間が出来ます。

 

ここに暖かい空気が溜って温度が上がり発芽を促す方法です。

 

f:id:andantesunny:20200216125423j:plain

 

そしてその後はビニールで加温するトンネルにします。

 

これでビニールトンネルの温室効果プラス、不織布とマルチの間に空間が

出来て、トンネル効果で温まった土の温度が保たれて発芽しやすくなるの

を目指しています。

 

さてどうなるかお楽しみです。

 

この方法で3月に入ったらもう一つの枝豆品種「京の輝き」を播種栽培

しようと思っています。

 

発芽や成長の状況はまたお伝えしたいと思いますが、一手間でトンネル内

がより温まり、野菜の発芽率が上がるのなら他の野菜達の冬場栽培対策に

とての役立つので、ワクワクして見守っていきます。

 

先日から急に暖かく成る日が時々入るので、暑くなりすぎないかの問題も

出てくるかもしれません、

 

何事も勉強とチャレンジです(^^;)

 

 

新 野菜つくりの実際 葉菜―誰でもできる露地・トンネル・無加温ハウス栽培

新 野菜つくりの実際 葉菜―誰でもできる露地・トンネル・無加温ハウス栽培

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本