farm andante 美味しい野菜とふれあい菜園

珍しい野菜や美味しい野菜を作り始め、沢山の人にお伝えしたい♡菜園野菜生活

三太郎大根と紅三太大根の様子です。

 

三太郎大根と紅三太大根。

 

菜園で栽培中の大根「三太郎」と「紅三太」の様子です。

 

この2種類の大根はどちらも「トウダチ」が遅めの品種の為

栽培為てみました。

 

ビニールトンネルで栽培中です。

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 f:id:andantesunny:20180614112045p:plain

 

 

そろそろ間引きをしようと思ってトンネル内を覗いてみると

急激に成長しています。

 

嫌な予感がします・・・

 

播種したときはとても寒い日が続いていたので、不織布とビニール

との2枚重ねのトンネルです。

 

不織布と2枚重は暖かく成って良いのですが、外から様子が見えない

のが難点です。

 

先ずは「三太郎」大根です。

 

f:id:andantesunny:20200323172412j:plain

間引き後チェックすると数匹「ダイコンサルハムシ」を見つけました。

 

防虫ネットでは無いので隙間から入ったのでしょうか?

 

「三太郎大根」は抽苔性がかなり遅い品種なので今の所「トウダチ」の

気配はありません。

 

でもこの数日でどうなるかは心配です。

 

f:id:andantesunny:20200323172745j:plain

 

間引き菜もちょっと大きく成りすぎなので、タイミングが少し

遅かったようです。

 

 

「紅三太」の様子です。

 

f:id:andantesunny:20200323172916j:plain

 

「紅三太」も抽苔性が遅めではあるのですが、やっぱり「トウダチ」の

気配が見えます・・・

 

間引いた中にも「トウダチ」初めの物が有りました。

 

f:id:andantesunny:20200323173115j:plain

 

やっぱり暖か過ぎたのでしょうか?

 

こちらも間引きのタイミングが少し遅かった様です。

 

「紅三太」はほぼ「トウダチ」確定の気がします・・・(>_<)

 

冬場のビニールトンネル栽培は設置をしっかりしないと、この状態に

なります。

 

まだまだ技術不足が見えます。

 

その代わりになるべく抽苔性(トウダチ)の遅い品種を選んでいる

つもりなのですが、どこからともなく苗の段階で一度冷え込み、冷気

に当たっている証拠です。

 

このまま栽培はしますが、冬場の大根栽培で「三太郎」は有力株に

成りそうです。

 

短めの大根の為、春に収穫出来るようだと野菜セットに入れる事が

出来そうなので、味を楽しみにしています。

 

技術不足が改善される迄は、品種の力をお借りしようと思っています。

 

さて収穫はどうなるでしょうか・・・(^^;)